プレオルソで矯正を始めるきっかけになったおはなし - プレオルソ.com

プレオルソ.com ホーム » プレオルソ矯正治療日記 » プレオルソで矯正を始めるきっかけになったおはなし

プレオルソで矯正を始めるきっかけになったおはなし

スポンサードリンク


我が家の長女は今3歳10か月。


市の3歳半検診で「不正咬合」と診断され、そこから歯並びを気にするようになりました。


haishasan


前々から”歯並び悪いな~”と思ってはいたけど、「大人の歯が生えたら綺麗になるかな?」「矯正するにしても、乳歯が抜けてからでないとわからないよね~」なんて気軽に思ってたんですよね^^;


でもいざ歯医者さんから「あなたのお子さんは不正咬合」ですって診断されると親として不安になるもので、健診後に「不正咬合」について調べまくりました。

(不正咬合の意味すら知らなかった:笑)


すると、「不正咬合」って、いわゆる「しゃくれ」だということが発覚!!


さらに、「不正咬合」は成長と共に治る可能性がかなーり低いということも発覚!!


女の子なのに、歯並び悪い&しゃくれって相当やばいよ!!Σ(´Д`lll)!!


ということで、急いで対処法を調べました。


すると、乳歯がある時にしかできない「プレオルソ」という装置を使った矯正方法があることを発見!


しかも「プレオルソ」なら数十万円で矯正が終了する&期間が短い&痛くないって書いてある!


もうこれしかない!!


ということで、近場の歯医者さんで「プレオルソ」矯正ができるところを探しました。


すると、幸い近所に「プレオルソ」を使ってくれる矯正歯科があったので、そちらにお世話になることに決定。


さっそく娘の歯を見ていただいたところ・・・・・

口とじる


・骨格的には問題ない

・ただ乳歯の時点でここまでがたついていると、永久歯が生えてからも本格的なワイヤー矯正をしなくてはいけない可能性がある

・でも骨格の問題はないので、プレオルソで今から矯正をしとけば、↑の二次矯正をしなくてもいい可能性がUPする


とのことでした。


うーむ・・・・。
娘の歯並びの場合、二次矯正をする可能性はあるのか・・・・。


プレオルソだけで矯正は終了すると思っていただけに、すこし残念。


でも、しなくてもいい可能性はかなりUPするみたいだし、これにかけてみよう!
ということで、「プレオルソ」矯正をスタートすることにしました!!


初診の日はとりあえず上記の診察のみで終了。
後日娘用に一番小さいプレオルソを準備しておくから、また来てくださいとのことでした。


プレオルソをもらえるのは1週間後!
実物を見るのは初めてなので、どんなものなのか?娘は痛がらずつけられるのか??


色々楽しみ&不安でいっぱいですが、娘の歯並びがよくなることを願って、これから家族みんなで見守っていきたいと思います!


スポンサードリンク

 


コメント
非公開コメント