プレオルソのメリットとデメリット - プレオルソ.com

プレオルソ.com ホーム » プレオルソのメリットとデメリット » プレオルソのメリットとデメリット

プレオルソのメリットとデメリット

スポンサードリンク


受け口や出っ歯で悩んでいるお子さんが簡単に始めることができると評判の「プレオルソ」


その効果については以下の記事で詳しくお話しましたね。

プレオルソの効果は?出っ歯や受け口が治るってホント?


でもいいことばかり言われても100%そうなんだ~!と信じることができないのが人というものです(笑)
いいことの裏には何かあるはず。


ということで、この記事ではプレオルソのデメリットについて少しお話していこうと思います

だめ




プレオルソのデメリット


●自分で継続する努力が必要

プレオルソは、従来の矯正器具とは違って、自分で取り外しのできる矯正器具です。
なので、違和感があっても自分で口の中に入れておく努力をしなければなりません。

お子さんが小さい場合はいやになると勝手に取り出してしまう可能性があるので、保護者の方は注意が必要です。


●絶対にキレイになるとは限らない

さっそく残念な話になるのですが、プレオルソは100%歯列矯正が可能というわけではありません。
プレオルソの主な役目は「口まわりの筋肉を鍛えること」と「顎の発育をスムーズにする」こと。

永久歯が生える過程に合わせて使用するので、歯並びは劇的に改善されますが、永久歯が大きすぎたり、顎の骨そのものがゆがんでいたり等の場合には、従来の歯列矯正を続けなければなりません。


●装置の破損

プレオルソは非常に柔らかい素材なので、口の中に入れても痛みがない。というのが特徴なのですが、その反面、雑に扱うと壊れやすいのが難点です。

雑に扱わなくても、プレオルソはしっかり噛んで使用するので、かみしめ方が強すぎると破損する可能性があります。

しかし、歯科医院によっては装置が破損しても最初の値段より安く交換してもらえたり、無料で交換してもらえるところもあるので、初めによく聞いておきましょう。




いかがでしょうか?
プレオルソにはいい点もあれば悪い点もあるというのがお分かりいただけたと思います。


しかし、プレオルソは「歯並びを治したい!」「受け口・出っ歯を治したい!」という気持ちをしっかり持ち、お子さん自身が治療に積極的であれば、ほぼ↑で述べたデメリットを感じることはありません。


継続は力なり!ですね!!

スポンサードリンク

 


コメント
非公開コメント